銀行カードローンを補完する消費者金融

MENU

銀行カードローンを補完する消費者金融

銀行系消費者金融とは、世界でも有数の規模を誇る大規模な銀行グループの傘下にある消費者金融や、
銀行グループと資本提携や業務提携をしている消費者金融を指します。

 

日本には小規模業者から地域密着業者、テレビや雑誌での広告でもおなじみの大手業者まで幅広く存在しており、
一見しただけでは銀行系であるのかそうでないのか分からないことも少なくありません。

 

ホームページのタイトルバーや会社概要などを確認すると、銀行との提携状況やグループ化の状況を確認することができます。

 

誤解されやすいですが、あくまでもこの業者は単独の消費者金融であって、銀行そのものが提供するカードローンとは異なります。
同じ銀行の系列でも、貸付条件や適用利率など全く異なりますので注意しなければなりません。

 

カードローンの仕組みや申込方法の簡便さ、スピード審査などの共通点があるため、
なぜ競合するローン商品を互いに提供しているのかといえば、銀行系消費者金融が銀行カードローンを補完する関係が見えてきます。

 

銀行カードローンは1000万円といった大口の貸付と、豊かな資金力を生かした銀行ならではの低金利が魅力です。

 

もっとも、この基準をクリアして貸付が受けられるのは、原則として返済能力が高い人でなければなりません。
もちろん、アルバイトや主婦なども借りられますが、低金利を受けるだけの収入や勤務先の安定性などが求められます。

 

一方、消費者金融は銀行よりはやや高めの金利で、かつ小口の融資を基本としてきました。

 

この消費者金融を取り込むことで、銀行カードローンを利用できない層に貸すことができ、
グループ全体として利益を上げることが可能となります。

 

そのため、銀行カードローンで借入れが難しい方は、銀行系消費者金融を利用すると借りられるケースが少なくありません。